日本語教師求人情報

海外で就業される方へ
雇用に関するトラブル報告が年々増加しております。
雇用契約前に待遇や条件など雇用主と十分ご確認ください。
万一生じた一切の損害・トラブルその他一切の事柄についての責任は負いかねます。

「求人情報の掲載は無料です。新規の場合は機関名登録を行ってください」
新規で求人掲載希望の方はこちら   求人情報を登録・変更する 

求人一覧へ戻る

機関名 独立行政法人 国際交流基金
募集職種 その他
募集人員 5 名
応募締切 2019/06/10
勤務国 アジア5か国
勤務地住所 タイ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、インド
勤務開始日 2019年10月(予定)
募集に関する備考 今回の募集で派遣する日本語専門家は、国際交流基金の海外拠点等に派遣されます。現地に赴任中の専門家と連携・協力の上、2019年4月施行の在留資格「特定技能1号」制度で来日を希望する日本語学習者が、日本での生活・就労に必要な日本語を円滑かつ効率的に習得できるように日本語学習環境を整備するため、日本語教師の育成や現職教師に対する指導・コンサルティングを行います。

勤務条件 規程に則る
待遇 日本語専門家(業務委嘱契約)
応募資格 ‘本国籍を有し、日本語を母国語 とする者
応募の翌年4月1日時点で65歳未満であること
心身ともに健康であること
て本語教育関連分野で修士号以上(2019年9月末までに取得可能な者を含む)
テ本語教授経験2年以上(海外勤務経験が望ましい)
η標前研修に参加できること(2019年9月29日(日)〜10月5日(土)予定)


応募方法 応募方法 = 応募手続き
(1) 提出書類

ア.応募用紙
基金ウェブサイトhttps://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/japan_31_jft_basic.html
から、応募用紙の様式をダウンロードし、記入してください。応募用紙の体裁は変更しないようにしてください。規定の項目に書ききれない場合は、別紙をつけて記載してください(志望動機、エッセイについては必ず所定の枠内で書ききるようにしてください)。

イ.推薦状(本紙)日本語教育に関する知識・技能について、現在もしくは過去に所属した機関の責任者または同僚(国際交流基金役職員(海外派遣中の役職員を含む)、専任講師、専
門員等を除く)が作成した推薦状を提出してください。様式は問いませんが、日本語の記述でA4 用紙1 枚とし、推薦状作成者に関する情報(氏名、肩書、連絡先)を明示の上、推薦者の署名または捺印のある原本を厳封された状態のまま提出してください。また、推薦状の宛名は国際交流基金としてください。

ウ.返信用封筒
応募者の住所・氏名を宛先に記した定型封筒(長3 型 12×23.5cm)1 枚
(切手貼付不要 長3型が用意出来ない場合は、A4 用紙を3 つ折または4 つ折にして入れることができる大きさの封筒を用意してください)。

選考方法 書類選考および面接
・書類提出期限:2019年6月10日(月)
・応募面接:2019 年7 月4 日(木)、5 日(金)
問合せ先 nihongo@jpf.go.jp
採用責任者 日本語専門家派遣 公募担当
登録日 2019/06/10


「日本語教師の集い」求人掲示板システム