日本語教師求人情報

海外で就業される方へ
雇用に関するトラブル報告が年々増加しております。
雇用契約前に待遇や条件など雇用主と十分ご確認ください。
万一生じた一切の損害・トラブルその他一切の事柄についての責任は負いかねます。

「求人情報の掲載は無料です。新規の場合は機関名登録を行ってください」
新規で求人掲載希望の方はこちら   求人情報を登録・変更する 

求人一覧へ戻る

機関名 国際交流基金(日本語第2事業部)
募集職種 その他
募集人員 19 名
応募締切 2019/07/16
勤務国 タイ、ミャンマー等
勤務地住所 タイ(バンコク)、フィリピン(マニラ)、ミャンマー(ヤンゴン)、ベトナム(ハノイ)、インドネシア(ジャカルタ)※基金海外事務所(カッコ内の都市に所在)を基本的な活動拠点としながら、地方出張も行います。
勤務開始日 2019年10月下旬(予定)
募集に関する備考 地方で集中的に活動できる体制が整った後、地方駐在となる可能性があります。

募集は最大19名(タイ 2名、フィリピン 2名、ミャンマー 5名、ベトナム 2名インドネシア 4〜8名)
※派遣国の都合により、人数が変更となる可能性があります。

募集案内は以下のホームページをご覧ください。
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/n_190716.html
勤務条件 勤務条件等は以下のホームページをご覧ください。
https://www.jpf.go.jp/j/about/recruit/n_190716.html

<国際交流基金と被派遣者の関係>
基金と被派遣者は、派遣に先立ち契約を締結し、それに基づき基金は派遣者に業務を委嘱します。
待遇 旅費・報酬等は、基金規程に沿って次の通り支給します。
(1)旅費
赴任時及び帰国時に旅費(航空賃・支度料・移転料等)を支給します。
(2)報酬等
派遣期間中、基本報酬・在勤加算・住居経費を支給します。
(3)その他共済制度あり
応募資格 下記(1)〜(4)をすべて満たす者。
(1)日本国籍を有し、日本語を母語とする者
(2)2019年10月1日現在、満65歳未満の者
(3)2019年10月1日の時点で、4年制大学卒業以上の学歴を有し、且つ
以下a)〜c)のいずれかを満たしている者(見込みを含む)
a)大学で日本語教育を主専攻/副専攻として修了した者
b)日本語教育能力検定試験に合格した者
c)文化庁国語課への届出を受理された日本語教員養成研修実施機関・団体による日本語教師養成講座420時間を修了した者
(4)基金が別途指定する派遣前研修(2019年9月下旬〜10月上旬予定)に全日参加できること
※ その他詳細は「募集案内」をご覧ください。
応募方法 ウェブサイトに記載の応募書類を下記住所宛に郵送してください。

(1)提出先:
〒160-0004 東京都新宿区四谷4−4−1
国際交流基金 日本語第2事業部 企画開発チーム
生活日本語コーディネーター派遣 公募担当

封筒上に、「生活日本語コーディネーター応募書類在中」と朱書きしてください。

(2)提出締切:
2019年7月16日(火曜日)書類必着
選考方法 (1)第1次選考(書類選考)
(2)第2次選考(面接)
問合せ先 nk_nihongo@jpf.go.jp
採用責任者 生活日本語コーディネーター公募担当
登録日 2019/06/13


「日本語教師の集い」求人掲示板システム